不動産一括査定サイトおすすめ比較!不動産売却業者の口コミ・評判を掲載中!

不動産一括査定とは?メリットとデメリット
  • 自分の持っているマンションや土地の価値が知りたいけど自分で調べるのは手間がかかりそう
  • 不動産一括査定サイトってなに?不動産業者じゃないの?
  • 不動産一括査定サイトを使ってみたいけどどれも一緒?

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

土地や家屋、マンションなどを所有している人にとって、自分が持っている不動産がどれくらいの価値があるのかということはとても気になりますね。

不動産売却に失敗しないためにも自分の条件に合った不動産業者を見つけることがとても大事になってきます。

そこで利用したいのが、【不動産一括査定サイト】です。

不動産売却のしおりでは、数ある一括サイト中から人気の9サイトを厳選して調査致しました。

利用料はかかるのか?提携不動産会社数はどれくらいなのか?この一括査定サイトはどんなサイトなのか?など初めて利用する方にもわかりやすく説明しています。不動産売却の参考になれば幸いです。

全9サイトを徹底比較!

不動産一括査定サイトランキング

不動産一括査定サイト比較表

サイト名提携不動産数同時依頼数対応地域公式
home4u1300社以上6社全国

公式サイト

おうちダイレクト大手9社9社東京、神奈川、埼玉、他

公式サイト

LIFULLHOMEs1700社以上10社全国

公式サイト

すまいvalue大手6社6社全国

公式サイト

マンション.navi2500社以上9社全国

公式サイト

イエウール1700社以上6社全国

公式サイト

イエイ1700社以上6社全国

公式サイト

reguide600社以上10社全国

公式サイト

リビンマッチ1400社以上6社全国

公式サイト

<2019最新>おすすめの不動産一括査定サイトランキング

不動産の一括査定サービスを提供するサイトは複数あるので、いくつかおススメの不動産一括査定サイトをご紹介します。

第1位 HOME4U

home4u
提携数約1300社以上
同時依頼6社
対応地域全国
サイトURLhttps://www.home4u.jp/

HOME4Uは全国対応可能で参加している不動産業者の数は1300社以上と、企業ボリュームも上位ランクに入ります。
「サイトが厳選した優良企業1300社」をうたい、査定件数は30万件を超えています。
年齢・性別:30歳/男性/
売却・査定した物件:分譲マンション


悪徳企業をしっかりと排除していたので安心して利用することができました。また、査定依頼に関しても簡単にすることができたので良かったです。そして、電話相談窓口があるところが最大のメリットだと思いました。

年齢・性別:40歳/男性/
売却・査定した物件:一戸建て


利用してみてとても親切で迅速な対応の不動産会社さんがみつかりました。複数からのご提案と販売価格などの提示をいただき紳士に対応していただき
高く売るための方法を一緒に考えてくれたりとても親身に考えてくれる不動産会社さんと知り合う事ができました。

年齢・性別:59歳/女性/
売却・査定した物件:一戸建て


実家の空き家になって2年になる一戸建ての住宅の売却を考えていました。
初めての経験なのでどこに依頼すればよいかよくわからず、友人に相談すると、友人が利用したことがあるHOME4Uを教えてもらいました。
連絡すると素早い対応で、一括査定をしてもらえ、3か所から好条件の見積もりの提示がありビックルしました。
営業のひとの感じもよく、一番高かった業者さんにお願いしました。
査定依頼して本当に良かったです。

年齢・性別:59歳/女性/
売却・査定した物件:一戸建て


実家の空き家になって2年になる一戸建ての住宅の売却を考えていました。
初めての経験なのでどこに依頼すればよいかよくわからず、友人に相談すると、友人が利用したことがあるHOME4Uを教えてもらいました。
連絡すると素早い対応で、一括査定をしてもらえ、3か所から好条件の見積もりの提示がありビックルしました。
営業のひとの感じもよく、一番高かった業者さんにお願いしました。
査定依頼して本当に良かったです。

年齢・性別:29歳/男性/
売却・査定した物件:分譲マンション


私は数年ほど前に分譲マンションを購入しました。しかし、結婚して家族ができたため、購入したマンションが狭くなってきたため、新築一戸建ての購入を検討し始めました。そこでマンションの売却について調べていると、HOME4Uの口コミや評判が良かったため、利用してみることにしました。HOME4Uでは大手6社の見積もりを一括で取ることができるので、簡単に比較検討をすることができるのが魅力的でした。

年齢・性別:38歳/女性/
売却・査定した物件:分譲マンション


大手なので安心して使うことができました。無料で査定してもらえるのが嬉しかったのですが、いろいろな業者がいて査定額が業者によって違いがかなりあり相場がどれなのかわからずに戸惑いました。もう少しわかりやすいといいなと思いました。

PICK UP】おうちダイレクト

おうちダイレクト
提携数大手9社
同時依頼9社
対応地域東京都、神奈川県、埼玉県、他
サイトURLhttps://realestate.yahoo.co.jp/direct

おうちダイレクトでは対象エリアのマンションの推定売却価格をシミュレーションできるAI査定も無料で利用することができるので、情報収集も兼ねて一度チェックしてみては如何でしょうか?

第2位 すまいvalue

すまいValue
提携数大手6社
同時依頼6社
対応地域全国
サイトURLhttps://sumai-value.jp/

不動産大手6社が共同で立ち上げたのが「すまいvalue」です。
6社しか参加していないといっても大手ですから、全国に抱えている支店の窓口でサポートを受けられるのが利点です。
年齢・性別:37歳/男性/
売却・査定した物件:一戸建て


私は先祖が代々受け継いでいる家で一人暮らしをしていたのでですが、会社の転勤がきっかけとなり売却することにしました。そして、その際に利用したのがすまいvalueでした。こちらは査定から売却までスピーディーに進めてくださりとても助かりました。また、初めての売却で色々と質問したのですが迅速に分かりやすく回答していただき好印象でした。

年齢・性別:30歳/男性/
売却・査定した物件:分譲マンション


対面相談を気軽にできるところが最大のメリットだと思いました。また、アフターフォローに関してもしっかりと充実していたので良かったです。ただ、地元業者の査定額については見れなかったので少し不満に感じました。

年齢・性別:46歳/男性/
売却・査定した物件:分譲マンション


大手の会社のみ登録されているので個人情報の流出などの不安がなく一括査定を申し込むことができました。
査定額にもばらつきがなくどこの業者を選ぶのかの判断基準になりました。営業電話などもかかってこなかったのでよかったです。

年齢・性別:35歳/女性/
売却・査定した物件:分譲マンション


大手と提携している点に安心して査定しました。他のところより煩い営業電話やMAILがないのは良かったです。ただ不動産屋によりますが、一社だけかなり態度が勝ち気だったのが気になりました。私もあまり高額にならないことはわかっていましたので、せめてもっとマシな言い方が出来ないのかなと思いましたね。

年齢・性別:30歳/女性/
売却・査定した物件:分譲マンション


私は就職してすぐに分譲マンションを購入しましたが、去年会社の転勤が決まりました。そこで、分譲マンションを売却することを考え始めました。友人に相談したところ、すまいvalueを紹介されたので、登録して利用しました。すまいvalueはインターネットで利用でき、最大で6社の見積もりを取ることができるのが魅力的でした。すまいvalueを利用したことで、分譲マンションを高くで売却することができました。

年齢・性別:28歳/男性/
売却・査定した物件:分譲マンション


私は社会人になってすぐに会社近くの分譲マンションを購入しましたが、会社の転勤があったため、分譲マンションの売却を考え始めました。インターネットで調べたところ、すまいvalueの評判が良かったので、利用してみることにしました。すまいvalueは最大で6社の見積もりをインターネットで取ることができるので、とても手軽で利便性が高かったです。高い値段で売却することができたので、とても満足しています。

第3位 LIFULL HOME’S

lihome
提携数約1700社以上
同時依頼10社
対応地域全国
サイトURLhttps://www.homes.co.jp/

「HOME’S」の特長は、なんといっても日本最大級の不動産情報サイトだからこその安心感です。
全国1700社以上という他の一括査定と比べてもトップクラスの提携会社から、信頼度が高いところに一括で売却の査定を依頼が可能です。

第4位 マンションナビ

マンションNAVI
提携数約2500社以上
同時依頼9社
対応地域全国
サイトURLhttps://t23m-navi.jp/

このサイトでは土地や一戸建てについては対象外になるので、マンションの所有者に特化した査定サイトと言えます。
全国対応で最大9社に同時に査定依頼を出せるので同時査定の数としても多いですね。

第5位 イエウール

イエウール
提携数約1700社以上
同時依頼6社
対応地域全国
サイトURLhttps://ieul.jp/

イエウールは全国対応が可能で戸建て、マンション、土地といった基本の種類の他にも一棟もののマンションやアパート、一棟もののビル、店舗や工場、倉庫、農地など不動産の種類ごとに対応可能となっています。

第6位 イエイ

イエイ
提携数約1700社以上
同時依頼6社
対応地域全国
サイトURLhttps://sell.yeay.jp/

イエイは参加している不動産業者数が1000社以上で上位ランクに入ります。
メールや対面で行う「なんでも相談室」や、イエイのスタッフが本人に代わって不動産業者にお断り通知をしてくれる代行サービスなど、売り主に親切な体制を整えているのが好印象です。

第7位 Re Guideリガイド(旧:SBI不動産一括査定)

リガイド
提携数約600社以上
同時依頼10社
対応地域全国
サイトURLhttps://www.re-guide.jp/

Re Guideに参加している不動産業者は現在600社以上となっており、参加企業数としては中位ランクといえますが、名称変更前からの運用実績を考えると老舗といってよいでしょう。

第8位 リビンマッチ

リビンマッチ
提携数約1400社以上
同時依頼6社
対応地域全国
サイトURLhttps://www.lvnmatch.com/

売買の仲介だけでなく、不動産業者による直接買い取りや、扱いの難しい任意売却にも対応して一括査定が行える点が嬉しいですね。

おすすめランキング1位

ランキングで迷ったら1位のHOME4Uがオススメ!

home4uがおすすめ!
HOME4Uがランキング1位でどうしておすすめなのか?ちゃんと理由があります。

  • 査定は最大6社と上限があるので他の会社から一切連絡がない
  • 北海道から沖縄まで全国の約1300社が提携しているので相性の良い会社がみつけやすい
  • NTTデータグループなので日本最高クラスのセキュリティで個人情報を保護されています
  • 査定依頼を出した不動産業者からの連絡を受ける手段は、電話でもメールでも好きな方法を選べます。
  • 査定の申し込みは1~2分程度で簡単に終えることができる
査定業者以外からの連絡一切なし!

HOME4Uの公式サイトを見る

不動産一括査定とは?不動産を高く売りたいなら「不動産一括査定」は必須

不動産一括査定がおすすめ
あなたが保有する不動産の市場価値を知りたい、または売りたいという時は不動産の一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

さらにできるだけ高く売りたいならば必須のサービスです。

不動産を売るにはプロである不動産業者と契約を結び、売却の実務を任せるのが普通ですが、不動産業者を一軒一軒回って相談していたのでは時間がかかりすぎます。

身近な例ではたとえば宝石や家電などを売りたいという時、できるだけ高く売るために複数の買い取り店を回り歩いて疲れてしまった経験はないでしょうか?

「買い取り店がみんな一か所に集まってくれていればいいのに」と思ったことがある人は多くいらっしゃると思います。

これを可能にしたのがネット上(オンライン)の「不動産一括査定サイト」です。

不動産用の一括査定サイトも今では多くのサイトが登場しており、不動産の売却シーンでは必ずといっていいほど利用されています。

不動産の場合、自動車など他の一括査定サービスとは多少仕組みが異なるので、次の項で不動産一括査定サイトの仕組みや使い方を見てみましょう。
不動産一括査定の仕組みを解説

不動産一括査定の仕組みを解説

不動産一括査定の仕組み
不動産の一括査定は最初はネット上で利用することになります。

あなたが最初に取る行動としては、家屋や土地など不動産の種類やその不動産が存する地域、築年数などの基本的な情報を入力します。

またメールアドレスや電話番号など、不動産業者からの連絡先となる情報を入力してサイト側に送信します。

最初にあなたがやることはこれだけです。

先述の宝石や家電の売却でいえば、「こんな商品があるんですけど」と売りたい物を複数業者に開示した状態です。

不動産一括査定サイト側では、当該サイトに参加している複数の不動産業者に、入力された物件の情報を送信します。

これを見て、各業者からあなたに物件の査定額が送られてくるというのが基本的な仕組みです。

この段階の査定は「机上査定」あるいは「簡易査定」と呼ばれるもので、物件の基本的な情報から割り出した査定額となり、対象物件を直に目視して調査していないので見積もりの精度としては高くありません。

そこで、ここからさらに目ぼしい業者をいくつか絞って、その業者に「訪問査定」をお願いすることになります。

物件を見てもらい、実際の状態を目視してもらうことでより詳しい査定を受けることができます。

訪問査定では各不動産業者との相性のチェックや、信頼性の確認も兼ねることになります。

そして特に有望そうな業者を選定して、売却実務をお願いする業者と仲介契約を結ぶという流れになります。

この一括査定サービスは無料で利用でき、利用料がかかることはありません。

苦労せずに複数の業者に一気に見積もりを取ってもらうことができる画期的な仕組みといえます。

▼「机上査定」と「訪問査定」について詳しくはこちらで説明しています。
机上査定と訪問査定 不動産の査定方法!机上査定と訪問査定の違い!どれくらいの時間がかかるのか?

不動産一括査定のメリット

不動産一括査定のメリット
不動産一括査定を利用するメリットをご紹介します。

不動産一括査定のメリット
  1. 無料で手間が無い
  2. 相場の確認だけでもOK
  3. 複数業者の査定や信頼性を比較検討できる

一括査定は無料で手間が無い

この点は上述してきたとおり、自分で歩き回る必要が無いのが最大の利点となります。

相場の確認だけでもOK

「まだ売るかどうかは未定だけど自分が持っている不動産の市場価格を知りたい」という要望は多くあります。

机上査定だけでも一定の相場は把握できますが、訪問査定をしてもらえば正確な市場価値を判断することができます。

実際に売りに出すかは別に考えればいいことなので、必ずしもそのまま不動産業者と仲介契約まで結ぶ必要はありません。

▼下記では自分で相場を調べる方法をまとめています。業者を通してではなく自分の目で見たい方におすすめです。
自分で不動産の相場を調べる方法 不動産売却時に自分でできるマンションや土地の相場の調べ方!

複数業者の査定や信頼性を比較検討できる

不動産売却ではできるだけ多くの業者から見積もりを取ることが高く売り抜けるための必須の行動となります。

一括査定では多くの業者からアプローチを受けることができるので、提示された査定額を比較したり、訪問査定で出向いてくる担当者との相性や信頼性を見比べてみることができます。

「査定額は高いけど質問に的確に答えてくれない」「A社はハキハキと答えてくれたがB社はどうも自信がなさそうだ」など担当者の比較をすることもできます。

パートナーとなる担当者との相性は大切ですので、これについてもじっくりと比較しましょう。

不動産一括査定のデメリット

不動産一括査定のメリット
不動産一括査定サイトには良い面もありますが、一定のデメリットもあります。

それらをまとめて確認します。

不動産一括査定のデメリット
  1. 正しい査定額の判断が難しい
  2. 業者からの電話などの連絡に対応しなければならない
  3. 登録している業者が限られる

正しい査定額の判断が難しい

不動産の査定が自動車などの買い取り査定と違うのは、不動産の場合実際の売買金額は市場で買い手を見つけて交渉することで決めていくことになるので、あくまで「市場で売れそうな予想価格」という位置づけであることです。

不動産業者自体が直接買い取りをすることもありますが、市場価格より相当値引きされて買い取られるので通常は検討対象にはならず、市場で買い手を見つけるのが不動産売却の基本になります。

各不動産業者は簡易査定、訪問査定と各段階で予想価格となる査定額を提示してきますが、その数字は各社でバラつきが出るのが普通です。

各業者のそれまで経験や保有する顧客の情報などによっても左右されるので、バラつきがでるのは当然とも言えます。

中には高額な査定額を提示して「高く売れます」と言ってくる業者がいるかもしれませんが、仲介契約欲しさに根拠のない査定額を提示する業者もあるので注意が必要です。

売却が成功すれば不動産業者はあなたから手数料をもらえるので、誘因の為に高額査定を出す業者がいることを覚えておく必要があります。

このリスクを回避するには、やはりできるだけ多くの業者から見積もりを取り、それらの平均よりも不自然に高い査定額を出す業者は査定の根拠を詳しく聞き、信用できそうでなければ敬遠するのが無難です。

逆に平均よりもかなり低い査定額を出す業者は、対象不動産の扱いに慣れていないのかもしれません。

不動産業者と言っても扱う不動産の種類などによって得手不得手があるので、経験が少ない種類の不動産は低額の査定になることもあります。

いずれにしても、各社が出してくる査定額については「なぜその数字になるのか」という根拠を聞いてみる必要があります。

自信がある業者であれば、過去の実務経験をもとに同じような物件の売却例を引き合いに出しながら上手に説明してくれるでしょう。

業者からの電話などの連絡に対応しなければならない

一括査定サービスは事の性質上、不動産業者から査定額の連絡を受けなければなりません。

できるだけ多くの業者から見積もりを取る方が有利な売却につながりますが、それだけ多くの業者から連絡を受けることになるので、対応の手間がかかることは承知しておく必要があります。

メールや電話などで対応することになりますが、その中では多少しつこく営業される可能性もあります。

業者側も仕事でやっているわけですからこの点は理解する必要がありますが、あまりにもしつこい営業をされた場合は毅然とした態度で臨んでOKです。

「他社と比較したうえで決めます」「売るかどうかはこれから検討します」などとはっきり伝えましょう。

ただ、ライフルホームズでは匿名での不動産査定ができます。見比べていいと思った不動産業者に個人情報を開示する仕組みとなっています。ですが、匿名だと書類上の物件情報だけで査定するので正確な金額ではない可能性が高いです。より正確な査定が知りたい場合は、「イエウール」や「ソニー不動産」などがおすすめです。

登録している不動産業者が限られる

不動産一括査定サイトは、そのサイトに登録している業者に一括で見積もってもらうことができるものですが、逆にいえばそのサイトに登録していない不動産業者からは査定を受けられないということになります。

不動産一括査定サイトに登録する不動産業者は一定の費用をサイト側に支払う必要があり、これがためにサイトが成り立っているのですが、そうした費用の支払いに抵抗がある業者や、一括査定サイトに登録しなくても特に困らない業者は参加しないこともあります。

不動産業者というのは実際のところ、有名な大企業以外にも中小の業者がたくさんあり、地元の利と経験を生かして売却仲介を行える業者もいます。

あなたが保有する不動産の扱いが上手い業者がもしいたとして、その業者が一括査定サイトに参加していない場合、有望な業者と接触する機会を逃してしまうことになります。

ただ、昨今では不動産の売却に不動産一括査定サイトを利用することはごく普通になっていますから、どの業者も営業の機会を逃さないようにできるだけ参加するようにしています。

ですからこの点はあまり危惧する必要はないでしょう。

それよりも、多くの業者から無料で見積もりを取って比較できるメリットの方がはるかに上回ります。

不動産査定サイトを利用する注意点

机上査定の段階では気にしなくても大丈夫ですが、物件を売る気持ちがすでに固まっているケースで訪問査定まで受けるという段階では、物件そのものだけでなく、それを取り巻く状況も不動産業者に伝えておくという姿勢が必要です。

訪問査定では実際に業者の担当者が来て物件を目視し詳しく評価をしてくれますが、例えば近所と具体的なトラブルが発生しているとか、明確な嫌がらせを受けているなどの事情がある場合はそれらも正直に話しておきましょう。

軽度のものであれば買い主に必ずしも説明しなくても良い場合もありますが、「こんな事情があるならば普通は購入しない」レベルの事情を隠して売買取引をしてしまうと事後的に責任を追及される恐れがあります。

ですので気になることがあれば取りあえず不動産業者にはその旨を話してみて、「それくらいならわざわざ買い手に通知しなくても大丈夫」あるいは「それは一応話しておいた方が良い」といった判断を仰いでみましょう。

不動産業者が事情を総合的に勘案して買い手候補に説明した方が良いのか、しなくても良いのか判断してくれます。

不動産一括査定はどこがいいのかまとめ

今回は不動産を保有するオーナーの方に向けて、どれくらいの価値があるのか知りたい、できるだけ高く売りたいという場合に便利な不動産一括査定の方法についてご紹介してきました。

数多くある不動産業者を個別に訪問して相談するのは大変な手間と時間がかかりますが、ネット上(オンライン)の一括査定サイトを利用すればまとめて複数業者に対して査定依頼を出すことができます。

無料で利用でき、複数業者の見積もりを取って比較することができるので大変便利ですから利用しない手はありません。

ただ、業者の中には契約欲しさから不当に高い査定額を提示してくる者もいる可能性があるので、査定額が高ければ良いというわけではないことは覚えておいてください。

売ることが決まっている場合は訪問査定まで依頼することになりますから、査定額の根拠や業者の信頼性もチェックしながら進めるようにしましょう。

不動産売却についてこれから勉強したい方や必要な情報だけ断片的に知りたい方のために概要を確認できるようにまとめました。
あなたに届ける不動産売却パーフェクトガイド【不動産売却のしおり】

おすすめ一括査定サイトランキング

不動産一括査定サイトランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です