【SRE不動産】の口コミ評判!売却の特徴や仲介手数料はどれくらいかかるの?

SRE不動産 口コミ・評判!-min

今回は数ある不動産一括査定サイトの中から「SRE不動産」を取り上げて、売却面の特徴を見ていきます。

SRE不動産はかつて「ソニー不動産」の名称でしたが、2019年6月の社名変更に伴って名称が変わりました。

ただし運営母体の中身が変わったわけではなく、ソニー不動産時代からの一大特徴「片手仲介エージェント制」も健在です。

それでは特徴や口コミなども含めて、SRE不動産の詳しい内容を一緒に見ていきましょう。

\無料査定!/
SRE不動産公式
まずは査定してみよう!

SRE不動産の特典やおすすめポイント

SRE不動産の特典とポイント
最初に、SRE不動産独自の特典やおすすめポイントについて端的にお伝えします。

信頼できる売却専門エージェントがあなたを代理してくれる

一般的な不動産業者の営業と違い、SRE不動産では売り主の利益を最大化してくれるエージェントがあなたを代理して売却を進めてくれます。

SRE不動産では売り主のみを仲介する片手仲介にこだわっているので、買い手側の仲介も同時に手掛ける両手仲介と違い、自分だけの味方として「完全な信頼」をおくことができます。

例えばアメリカ大リーグの選手が自分の売り込みにエージェントを使うように、不動産売却という専門領域で手腕を発揮するSRE不動産のエージェントがあなたの大切な不動産を有利な条件で売り込みます。

手数料は納得の従量制

一般的な不動産業者は法律で決められた上限いっぱいの手数料率(価格が400万円を超える場合は売買価格×3%+6万円+消費税)を求めますが、SRE不動産は「率」ではなく顧客に提供したサービスの「額」を算定し、上記上限手数料率の範囲内で合理的な額しか請求しないと明言しています。

この点、旧ソニー不動産時代から受け継ぐ高度なAI技術による合理的な広告展開が可能なため、無駄な手間を省いてマンパワー消費を避けられることから、手数料負担の軽減が可能です。

ご紹介制度でお得な特典

過去にSRE不動産と取引をした人が知り合いを紹介し、その知り合いの不動産取引について成約が決まった場合、成約価格に応じて最大20万円の紹介料をもらうことができます。

ここでは特に押さえておきたいポイントや特典を端的に見ましたが、次の項からはSRE不動産の具体的なメリットについて詳細を見ていきます。

SRE不動産の基本情報

SRE不動産の基本情報

名前SRE不動産
サイトURLhttps://sre-realestate.com/
運営会社SRE不動産ホールディング株式会社
対応不動産戸建て、マンション、土地

SRE不動産では片手仲介を採用しているのでより高く売りたい売主の方にはとてもおすすめです♪

SRE不動産の詳細はコチラから

SRE不動産のメリット

SRE不動産のメリット
顧客目線で見た場合、SRE不動産を利用することで売り主は以下のメリットを享受することができます。

囲い込みによる損を回避できる

一般的な不動産業者では売り主と買い主の双方を仲介することで手数料の二重取りによる「うま味」を追及するのが普通です。

この両手仲介を行うには仲介業者が自分たちで買い手を見つける必要があります。

そのため、他社が見つけた買い手候補を故意に受け付けないなどの「囲い込み」が生じ、早期売却や高額売却の実現が遠のいてしまうリスクがあるのです。

SRE不動産は売り主だけを仲介する「片手仲介」にこだわっているので、上記のような心配をする必要はありません。

両手仲介をしないので他社にも積極的に物件情報を公開し、より高く買ってくれる買い主を探し出してくれます。

圧倒的な広告量で潜在顧客層の隅々に情報が行き届く

SRE不動産は独自の販売網だけでなく、大手のポータルサイトや業界のネットワークなどを自在に活用した販売戦略を立てることができます。

大手の強みを生かして露出度が高いポータルサイトに大量の情報を載せることができるので、店舗紹介やチラシの配布などの手法と合わせて、市場にいる潜在顧客の隅々にまで物件の情報を届けることができます。

魅力的な資料で内見希望を誘導してくれる

中小業者にありがちな簡素な作りの図面では買い手候補の気を引くことは困難です。

SRE不動産では写真をふんだんに用いたカラー資料を作成し、買い手候補がイメージを掴みやすいようにしてアピールしてくれますので、多くの内見希望者を募ることができます。

買い手側の生の声から正確な販売戦略を立てられる

SRE不動産は他社に広く物件情報を公開し多くの内見者を募っているので、普段から内見者の生の声を多く蓄積しています。

この情報を売り主に還元することができるので、価格や条件面などでより効果的な販売戦略を立てることができます。

AI×エージェントによる正確な価格査定

旧ソニー不動産時代から培った高度なAI技術は、ディープラーニングにより不動産売却に関する多量のビッグデータを有しています。

これにより、より正確な価格をより早くはじき出すことが可能になります。

AIでは難しい個別の条件や影響による調整を売却エージェントが行うことで、市場で売れるギリギリの高額売却を目指すことができます。

個別相談で込み入った内容も直接相談できる

SRE不動産は個人のための個別相談会をお願いすることができます。

個別相談会はその顧客一人のために、最も効果的な売却戦略をエージェントとともに立案していく場です。

個別相談会の場所は顧客の自宅でもOKですし、喫茶店などでもOKです。

これまで蓄積してきた多くの販売実績から、どんなケースでどんな販売戦略が有効だったかというデータが社内に保有されているので、個別具体的なケースで最適な戦略を立てることができます。

相続対策や税金対策もOK

不動産は相続に絡んで取引されることが多く、相続分野の相談ができないと本来の目的を果たせないことがあったり、税金面でも不利益を被るリスクがあります。

中小の不動産業者ではここら辺のノウハウや相談体制が無いことが多いですが、SRE不動産では相続がらみの事情が多いことを知っているので支援体制が組まれています。

必要に応じて、法律、税金・税制、金融など関係領域の専門家のサポートを受けることもできます。

例えば、家族信託や事業承継、M&Aといった専門知識が必要で複雑な案件のサポート体制も充実しています。

売却を軸にした方針転換も随時検討できる

仲介による売却はもちろんですが、SRE不動産は賃貸や直接買取の相談も可能です。

仲介による売却を軸に相談しながらも、賃貸が有利そうだと判断すれば方針転換ができますし、売却を急ぐ事情ができた時は直接買取に切り替えて即時売却を図ることもできます。

なお物件がマンションであれば、「マンションAIレポート」という高性能AIエンジン搭載のWEB機能で推定賃料をチェックすることもできます。

おうちダイレクトで仲介手数料を無料にできる

SRE不動産が参加している「おうちダイレクト」は様々な機能を有する不動産のポータルサイトです。

そしておうちダイレクトは元々SRE不動産の運営母体であるSREホールディングスとYahoo!(株)が共同運営しているものですので、機能面、サービス面でSRE不動産が深く関わっています。

機能の一つに「セルフ売却」というものがあり、これは仲介によらず自分で不動産を売り、仲介手数料を浮かせることができる大変魅力的な機能です。

セルフといっても、売りたい不動産の情報はYahoo!不動産のポータルサイトに乗せて宣伝することができる上に、取引実務面でSRE不動産の支援を受けることができます。

物件の内見案内をSRE不動産の担当者が代わりに行ってくれる上に、交渉がまとまれば心配な売買契約の実務面でもサポートを受けることができます。

また物件の宣伝方面ではプロのカメラマンによる撮影サービスなども無料で受けることができます。

セルフ売却はマンションあるいは一棟もの物件が対象で戸建ては非対象となり、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のみに対象エリアが限られるのが残念ですが、このエリア内の物件であればセルフ売却により仲介手数料なしで不動産の売却が可能です。

SRE不動産のデメリット

SRE不動産のデメリット
メリットが多いSRE不動産ですが、デメリットもいくつかあります。

サービスエリアが限られる

SRE不動産は現在のところ東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県がサービスの対象エリアとなっており、これ以外のエリアにある物件は取り扱いの対象外となります。

対象エリアは順次拡大予定となっているので今後に期待しましょう。

エージェントとの相性に良し悪しがでることも

顧客を代理するエージェントとの相性が良ければ高い満足を得ることが期待できますが、相性があまり良くないエージェントにあたってしまう可能性も否定できません。

不動産売却における能力面だけでなく、密接なやり取りをする中でストレスなく関係を維持できるかどうかも大切な要素です。

無理に付き合ってもストレスが溜まるだけなので、もし何となく自分の性に合わないなと思うエージェントが付いた時は、エージェント交代をお願いすることも考えましょう。

他社に敬遠されるリスク

SRE不動産は売り主だけの味方として可能な限りの高額売却を目指してくれます。

しかしこれは買い手サイドから見るとできるだけ高く買わされるということです。

買い手個人の目的に合った物件であれば多少高くても納得してもらえますが、仲介に入る買い手側の不動産業者から敬遠されてしまう可能性も考えられます。

もっとも、市場で十分な魅力を持つ物件であればこのリスクはそれほど問題にはならないでしょう。

SRE不動産の口コミ


ここではSRE不動産を利用した人の口コミについて、ネット上で確認できる評判を抜粋してみます。

印象が良い口コミ

  • 初めての不動産売却で不安だったが、予想以上に早く売れて安心した
  • 買い主側の相場感や心理面なども考慮した販売戦略のアドバイスを受けられた
  • 担当者の方に迅速に動いてもらい、早々に売却が決まった
  • 売り主の立場を最優先で考えてくれているのがよく伝わってきた
  • メールで細かく連絡を頂け、大事なことは電話でも説明をしてくれた
  • 担当の方には不動産売却以外の資金繰りの相談にも乗ってもらえ、好感を持てた
  • 過剰な勧誘がなく印象が良かった
  • きめ細かな対応でエージェントの人柄も良く、満足だった
  • 売り主側だけを見ているという安心感は想像以上だった
  • 問い合わせ時に詳しい資料を作ってもらったことが依頼の決め手になった
  • 片手仲介だったので安心してお任せすることができた
  • エージェントは初対面で信頼感が伝わってきて、納得のいく価格で売ることができた
  • これまで複数回の売却を経験しているが、SRE不動産のクオリティは高いと感じた

全体的に、エージェントに対応力があり顧客との相性が良ければ、まさにマッチング成功のごとく良い結果につながり満足を得ることができるようですね。

逆にエージェントとの相性がよくないと不満が出ることもあるようです。

個別的な不満は直接伝えて解消を図ったり、場合によってはエージェントの交代を要請して問題の解消を図ることも考えてみましょう。

\無料査定!/
SRE不動産公式
まずは査定してみよう!

SRE不動産のよくある質問

SRE不動産のよくある質問
ここでは、よくあるQ&AをSRE不動産のHPから抜粋して載せておきます。

「エージェント」とは何ですか?一般的な「営業」とは違うのですか?

これまでの日本の不動産業界における一般的な「営業」とは違います。

SRE不動産ではご購入希望のお客様には「買主の代理人」である購入エージェント、ご売却希望のお客様には「売主の代理人」である売却エージェントがそれぞれ担当し、”お客様の代理人”として「安く買いたい」、「高く売りたい」といったお客様それぞれのニーズ・利益を優先した活動を行います。

同じマンション内や周辺にチラシをまきたくないのですが、可能でしょうか?

可能です。

ただ、同じマンション内や近隣の住人が購入されるケースも少なくありませんので、広告の範囲はできるだけ制限しないことが望ましいです。

エージェントに相談をしたら費用がかかりますか?

ご相談は無料です。

成約しなければ費用は発生しません。お気軽にご連絡、ご相談ください。

一棟マンションや店舗でも取り扱い可能ですか?

可能です。

一棟マンションや店舗の売却を専門とするエージェントがいますので、ぜひご依頼ください。

権利証(登記識別情報通知)を紛失してしまったようですが、残代金受領・お引渡しは可能でしょうか?

残代金受領・お引渡しは可能です。

しかし、司法書士への追加費用が発生します。

\無料査定!/
SRE不動産公式
まずは査定してみよう!

SRE不動産のまとめ

本章では「おうちダイレクト」に参加している不動産業者の一つ「SRE不動産」を取り上げて、特徴やお得な特典、メリット・デメリット、また口コミ評価等について全体的に見てきました。

片手仲介にこだわりエージェント制を採用していることから、不動産売却の初心者の方や、「とにかく自分だけの味方になってくれる代理人に任せたい」という人にお勧めです。

サービス対象エリアが限定されるデメリットはありますが、エリア内であればSRE不動産の利点を存分に享受できます。

特典の「ご紹介制度」の裏技的利用法として、友人等でSRE不動産を利用したことがある人がいれば、先に自分を紹介してもらい、友人が得た紹介料を折半するということもできそうです。

近い将来不動産の売却予定がある人は、身近な人でSRE不動産の利用経験者を探しておくと良いかもしれませんね。

\無料査定!/
SRE不動産公式
まずは査定してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ソニーグループのSRE不動産/
■SRE不動産
片手仲介を採用!
無料査定はコチラ
\ソニーグループのSRE不動産/
■SRE不動産
片手仲介を採用!
無料査定はコチラ